もう一人、彼を愛していた女性がいたとしたら・・・韓国ドラマ「美しき日々」にハマった、私の創作文です。かなりムリのある展開・設定になっています。ドラマの美しき日々しかダメな方は読まないで下さいね。
by chiroparo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

強くなるために・・・9

「こんにちは・・・」

ベッドから体を起こすと、思わぬ光景にミギョンは驚いた顔を見せた。

「ヨンスさん?・・・どうして?」
「はい・・・退院して1ヶ月経つので、定期検診で病院に来ていたんです」
「まぁ、1ヶ月?もうそんなに経ったのね・・・体調は、その後どう?」
「はい・・・とっても良いです」

「そうよね・・・ご家族の元に帰ったんですもの。元気が出ないはずが無いわね?」
「・・・はい」
はにかんだ笑顔を浮かべたヨンスの手元に、ミギョンの視線が移る。

「・・・お花?」









「はい・・・あの、来る途中・・・とってもきれいな花を見つけて・・・」
(見つけて・・・なんて、変だったかしら?)
ヨンスは、思わず口をついて出た理由に、少しあせっていた。

今日は、退院後初めての通院の日。
本当なら、ミンチョルのたっての希望で送ってもらうはずだったのに・・・
しかし、昨夜遅くミンチョルの携帯が鳴り、その声色の変化からヨンスは何かトラブルが起こったんだと気づいた。
心の中では、とてもガッカリしながらも明るく微笑んで、ミンチョルの送迎を断っていた。
もちろん、ひとりで通院することになったヨンスは、タクシーで病院に来ていたから
この花はミギョンのためにと、途中の花屋で買い求めたものだった。

「ありがとう・・・あなたは、本当に優しい方ね」

ヨンスの気持ちが分かったのか、そう呟くミギョンの言葉に、ヨンスは少し照れくさかった。
お見舞いの花と言っても、高価なものではなく、優しげな野の花で作った花束のようだったから・・・
「花瓶、お借りできますか?」
「えぇ・・・その洗面台の下に・・・」
「はい・・・」

ヨンスは花瓶に花を生けながら、さっきまで一緒にいた男性・・・
ジョンの言葉を思い出していた。
久しぶりの病院・・・
人ごみとざわめき・・・
少しだけ疲れを感じ、ぼんやりと椅子に腰掛けていた時、ちょうど目の前を長身の男性が通り過ぎる。


f0013877_18124662.gif



「あの!こんにちは・・・」

ヨンスの声に、周りを見回した男性が、ふとヨンスに目を留めた。

「あぁ・・・あなたでしたか?退院なさったと聞きました。おめでとうございます・・・今日は?」
「ありがとうございます・・・定期検診なんです」
「そうでしたか。あっ!先日は、ミギョンさんの所に寄っていただいたんですね。とっても喜んでいましたよ。ありがとうございます」
「いいえ・・・でも私、何もしていないんです。ほんの少しお話しただけで・・・」
「そうだ。自己紹介が遅れましたね。僕は、ジョン・シアーニです。改めて、よろしく・・・」
ジョンは、ヨンスに右手を出して明るい笑顔を向けた。

「・・・キム・ヨンスです」

ジョンの大きく暖かな手が、ヨンスの手をそっと包んだ。
「ミギョンさんに叱られました。ちゃんと名乗る事もしないで・・・本当に失礼しました」
「いいえ・・・」
「隣り・・・良いですか?」
ヨンスは、頷いてひとり分つめてジョンの座る場所を作った。

遠慮がちに開いた場所に腰掛けると、ジョンは穏やかな笑顔を浮かべてヨンスを見つめてくる。
まっすぐに視線に、少しだけ戸惑いを感じたが・・・
その戸惑いは、決して嫌なものではないと思える。
ヨンスは、ずっと一人で生きてきた。
セナと言う・・・妹のように思う子はいたが、両親が名乗り出ない限り・・・
血の繋がりで言えば、この世に一人きり・・・
だから、直感的に相手の心が見える。
しかしそれは、ちゃんと見通すわけではなく、何となく自分に対して悪意があるかどうか分かる・・・
その程度のものだ。
だから、時々会うだけの・・・
名前も知らなかったジョンの事も、悪い人ではないと感じていた。
自分を見つめる瞳から、あたたかさが溢れてくるように思えるから。

会計の待ち時間、しばらくは他愛ない話しで過ごしていたが、ヨンスは意を決してジョンに問いかけた。
「・・・あの」
「・・・何でしょうか?」
前を向いてソファに座っていたジョンが、身体ごとヨンスの方に向かう。

「・・・ミギョンさんは、何の病気なんですか?」
「・・・なぜ?」
「いえ・・・いいんです。立ち入った事を聞いてしまいました。すみません・・・」
「・・・ミギョンさんは・・・」
「?」
「・・・癌なんです」
「!!」

一瞬のうちに周りのざわめきが消える。
ヨンスは、どうかそれが聞き違いであって欲しいと思った。

「それも、もう手の施しようが無い・・・」
「そんな・・・」
「ミギョンさんもご存知です・・・」
「手術とか・・・何か・・・」

ジョンは、ヨンスの青褪めた顔を見て慌てて謝った。
「すみません・・・つい仕事柄、こんなことを口走ってしまった・・・」
「?」

「ミギョンさんの癌を発見したのは私です。その時にはもう、他への転移が見られた・・・」
「・・・あなたは、お医者様なんですか?」
「はい・・・これも言っていませんでしたね?」
「えぇ・・・」
「それでも治療を薦めた私に、ミギョンさんは笑って言いました。苦しい思いをするのは、自分だけで十分だと・・・」
「・・・・・・」
「治療をして助かるのなら、どんな事にも耐えられる。だけど、自分は違うから・・・治療をして苦しむ姿をご主人には見せたくないと・・・告知した時、患者であるミギョンさん本人よりもご主人の方が取り乱されました。なのにミギョンさんは・・・ずっと落ち着いて微笑んでいた・・・」

その時のことを思い出しているのが、いつも笑顔を絶やさないジョンの表情が苦悩にゆがんでいる。
「ごめんなさい・・・こんなこと、お聞きしてしまって・・・」
「でも、どうして・・・」
「私も病気でした、一時は死も覚悟していたんです。でも、家族の助けで・・・こうして退院できました。まだ、この病気とは付き合っていかなければなりませんが・・・それでも、未来に目を向けることができます。今日は、これからミギョンさんの所にお邪魔しようと思っているんです。そこで不用意に治るとか頑張れとか・・・言いたくなくて」
「そうでしたか・・・お気遣いありがとうございます」
「いいえ・・・」
ヨンスは、俯いたまま頷いた。

「私は、母を亡くしているので・・・いつの間にか、ミギョンさんを母のように思っていました。変なことをお願いしてしまって・・・もしもご迷惑なら・・・」
「迷惑だなんて・・・もし、そう思っていたら会いに行ったりしませんから」
ヨンスの言葉に、ジョンは安堵の表情を見せた。

そしてヨンスは、ミギョンの病室を訪れた。
ドアの前で、何度も深呼吸し・・・笑みを浮かべてドアをノックしたのだ。


f0013877_18124662.gif



今、ヨンスの目の前で花を愛でて、やさしく微笑むミギョンは・・・・・・
微かに、ヨンスの瞳に写るミギョンの姿がかすみ始めた。
あわてて立ち上がると、静かにミギョンに話しかける。
その涙に、決して気づかれぬように・・・

「あの・・・スケッチブック、持って来たんです」
「まぁ・・・ありがとう。でも、重かったでしょう?」
「はい、だからほんの数冊だけですけど・・・」
「・・・見せていただいていい?」
「・・・はい」


「あの・・・ミギョンさん・・・」
スケッチブックに視線を落としたまま、ミギョンが返事を返した。
「何かしら?」
「あの・・・もしかして、ミギョンさんは絵を描いていらっしゃるんじゃ・・・」
「どうして?」
「あの・・・横顔しか知らないんですけど・・・とてもよく似た画家がいるんです・・・」
「横顔?」
「えぇ・・・画集で見たんです。作品と一緒の写真は、横顔だけでした・・・その方が、ミギョンさんと・・・」

「・・・・・・」
「すみません・・・私ったら、変なことを聞いてしまいましたね・・・」

急に恥ずかしくなったヨンスは、少し火照った頬に手のひらを当てた。
「J.Mon bebeという画家に、ミギョンさんが似ていらっしゃる気がして・・・」
「・・・・・・」

ミギョンは、黙って枕の下を探る。

「・・・ミギョンさん?あの・・・」
手渡されたのは、ノートのようだった。

「これは?・・・」
「私だけじゃズルイわね・・・どうぞ、開いてみて・・・」
「はい・・・」

開いたページのすべてに、柔らかなタッチの絵が描かれていた。
「これ・・・」
「そう・・・ヨンスさんの言っていたのは、私です」
「J.Mon bebe・・・?」
「えぇ・・・」

今度はヨンスがノートから目を放せなくなる番だった。

「最近は、起きているのが辛くて・・・なかなか書けないのだけど、気分が良い時に少しずつね」
「えぇ・・・私にも、そんな時がありました。無理なさらないで下さいね・・・」
「ありがとう・・・良かったら、貰っていただけないかしら?」
「?」
「ごく普通のノートに書いたものだし・・・ヨンスさんが嫌じゃなかったら・・・」
「そんな・・・嫌だなんて、嬉しいです。でも、良いんですか?」
何も言わずに、ミギョンは頷き微笑む。
それは儚くて・・・
そのまま、光の中に溶けて消えていってしまいそうに思えた。

「今日は、こんなに長い時間お邪魔してしまいました。お疲れになったでしょう?」
「いいえ・・・とても、楽しかったわ」

「そろそろ失礼しますね・・・」
「ありがとう・・・娘が来る頃だから、それまで少し眠るわ」
「それでは・・・またお邪魔します」

ヨンスにとって、ミギョンと過ごした時間は、とても楽しいものだった。
気を使わずに、絵のことをたくさん話すことができて嬉しい・・・
でも、それだけだろうか?
不思議な感情が、ヨンスの心を包んでいるのに気づいたが、それが何なのかは分からない。

でも、悲しいとか寂しいとか、そんな苦しくなるような感情じゃなく・・・
自然と笑みが浮かんでくるような、あたたかで心地よいものだった。
[PR]
by chiroparo | 2008-03-07 18:13 | 美しき日々59 | Comments(6)
Commented by pink_alien98 at 2008-03-07 19:26
chiroparo様、こんばんは。
お・・・どんな風に展開してゆくの?
ドキドキ・・・
誰も傷付くこと無くなんて・・・無理だね。
それぞれに暖かい時間が流れるといいなぁ・・・
勝手なお願いだから、あなたの思うが侭で・・・
Commented by あいら at 2008-03-07 22:47 x
きゃっ! 嬉しい ^^
覗いてみてよかったぁ~

chiroparo さん、こんばんは ^^

久しぶりなので、ストーリーを忘れかけてますが
書き始めたんですね? 嬉しいです ♪

またしても、おもいもよらぬ設定で
いろんなことが、何か見えない糸でつながっていそうで、
すごく楽しみデス! ドキドキです。
Commented at 2008-03-09 10:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chiroparo at 2008-03-10 14:59
***うさるなさま

こんにちは。

今日は休みでしたが・・・とりあえず寝てました。
朝、起きた瞬間に頭痛で・・・(T▽T)
ジニョンが出てこない・・・でしょ?

この場面、もっと短く・・・と思いましたが
これからのstoryに必要だったので
こんなにも長くなってしまいました。

誰も傷つくことなく・・・
行けると良いんですが、難しいかな。
のんびり更新ですが、頑張りますね。

Commented by chiroparo at 2008-03-10 15:00
***あいらさま

こんにちは。

気づいていただけて、うれしいです。
kirakiraでお知らせ?とも考えましたが・・・
久々の更新で、ペースも掴めていなかったので
とりあえず、こっそり始めてました。

いろんな糸が絡まって、また解けるときが来るのでしょうが・・・
なかなか書くペースが遅くて、自分の中でもこんがらかってます。

ぼちぼち行きますので、たまにのぞいてみて下さいね。


Commented by chiroparo at 2008-03-10 15:00
***2008-03-09 10:27 非公開コメントSさま

こんにちは。
あっちもこっちもで・・・
ここは、こっそり再開していましたから、気づいていただけてうれしいです。
いつも、コメントありがとうございます。

そうなの・・・
こんなに辛くしてしまって、少し後悔しているんですよ。
でもヨンスさんを登場させない・・・のは、考えられなくて。

少しずつ、絡まった糸がほどけて行く時・・・
ホッとしていただけると良いな。

もちろん私も・・・ジニョン派です!(笑)

* My Link...

----------------------------- 
+ メールは、ココから...

+ 奴×3 韓国公式
+ Daum cafe

+ BH Entertainment
+ LBH JOFC
+ BH&RUBEURS
+ New Rubeurs


+ I know.You the one

+ Bitter sweet Life

+ 1358815246.mp3.wma

+ main[1].mp3


-----------------------------
+ Counter:

+ Now on-line:

-----------------------------



カテゴリ

全体
美しき日々1
美しき日々2
美しき日々3
美しき日々4
美しき日々5
美しき日々6
美しき日々7
美しき日々8
美しき日々9
美しき日々10
美しき日々11
美しき日々12
美しき日々13
美しき日々14
美しき日々15
美しき日々16
美しき日々17
美しき日々18
美しき日々19
美しき日々20
美しき日々21
美しき日々22
美しき日々23
美しき日々24
美しき日々25
美しき日々26
美しき日々27
美しき日々28
美しき日々29
美しき日々30
美しき日々31
美しき日々32
美しき日々33
美しき日々34
美しき日々35
美日々Another story
美日々
美しき日々36
美しき日々37
美しき日々38
美しき日々39
美しき日々40
美しき日々41
美しき日々42
美しき日々43
美しき日々44
美しき日々45
美しき日々46
美しき日々47
美しき日々48
美しき日々49
美しき日々50
美しき日々51
美しき日々52
美しき日々53
美しき日々54
美しき日々55
美しき日々56
美しき日々57
美しき日々58
美しき日々59
美しき日々60
美しき日々61
美しき日々62
美しき日々63
美しき日々64
美しき日々65
美しき日々66
美しき日々67
美しき日々68
美しき日々69
美しき日々70
Tubuyaki...
プチ創作「Rain」
プチ創作「Tell a lie」
プチ創作「Various ways」
Love in darkness
I meet you in ・・・
Current...
Event キリプレ
FilmTour2008
kioku
Event
生存報告(笑)

ファン

ブログジャンル

画像一覧